【初心者向け】ダミー部隊について使い方を解説!【ドルフロ】

ダミー部隊アイキャッチ初心者向け

この記事ではダミー部隊の説明と使い方について書いてあります。

ダミー部隊っていったい何なの?

ドルフロの攻略情報等を調べていると「ダミー部隊」という用語を目にしたことがあるかもしれませんね。(このブログでも使っています)

ダミー部隊というのは基本的に低レベルで1Linkの人形(主にHG)を一人だけ編成した非戦闘部隊の事を指しています。

そのダミー部隊は何のために使うのかというのを簡単に説明していきます!

ダミー部隊の主な使い方を紹介

ダミー部隊を使うその前に

まずはホーム画面から「設定」のアイコンをタップして「ゲーム」のリストの中にある「自動補給」の項目をOFFにしましょう。

自動補給設定

なぜ自動補給をオフにするのかというと、周回作業などで戦闘部隊を先に撤退させてダミー部隊をマップ上に残したままリトライするというシーンがあったりします。

その際ダミー部隊の所持していた弾薬と配給は全て失われてしまいますが、自動補給がオンになっているとリトライする度に毎回ダミー部隊にも無駄に弾薬や配給が補充されて勿体ないからです。

またレベル上げ方法の一種である貧乏ラン空襲ランを行う場合も自動補給をオフにしている必要があります。

そのため早い内から自動補給をオフにした状態でのゲームプレイに慣れてしまうのが個人的にはおすすめかなと思います。

ダミー部隊の使い方 その1:行動ポイントを増やすために呼ぶ

これがダミー部隊の基本的な使い方になります。

マップ上に呼び出している自分の部隊の数が増えると1ターンに使用できる行動ポイントが増えるため、それだけ部隊の移動に余裕ができます。

行動ポイントについて
所持している行動ポイントの分だけ毎ターン部隊の移動や、自軍の司令部・飛行場から部隊の呼び出しができます。

行動ポイントは以下の行動で消費されます。
部隊の移動:1マス移動で1ポイント(隣接する自軍の部隊と配置交替での移動は行動ポイントを消費しません)
自軍の司令部・飛行場からの部隊の呼び出し:1つ部隊を呼ぶ毎に1ポイント消費します。

毎ターン使用することができる行動ポイントの量はマップに呼び出されている自分の部隊の数と自軍の司令部、飛行場の数で決まります。
例:マップ上に存在している自分の部隊x3、自軍司令部、自軍飛行場x2の場合は1ターンに使用できる行動ポイントは6になります。


ダミー部隊を1部隊呼び出すのに行動ポイントを1消費しますが、次のターン以降は呼び出したダミー部隊の数だけ1ターン毎の行動ポイントが増えます。

支援部隊では行動ポイントを増やせません
支援部隊は自分の部隊と違って呼び出すのに行動ポイントを必要としませんが、その代わり呼び出した次のターンに行動ポイントが増えることもありません。
また作戦開始前に自軍の司令部や飛行場から呼び出すこともできません。

たまにイベントの攻略対象ステージになる3-6、4-6、5-6等は作戦開始前に司令部からダミー部隊、自軍飛行場から戦闘用部隊を呼び出すことによって、1ターン目に戦闘用部隊をボスに直行させてステージをクリアするといった使い方もできます。

ダミー部隊の使い方 その2:マスの占領に使う

占領したいマスがあるんだけど近くに敵もいなくて安全。

そんな時にダミー部隊を移動させて占領に向かわせたりもします。

ダミー部隊の使い方 その3:撤退周回で戦闘用部隊の資源を温存させるために呼ぶ

これは主に一部のステージの人形掘り周回で使います。

仕様として作戦中にマップ上に自分の部隊が残っている状態で作戦終了やリトライを選択するとそれらの部隊の手持ちの弾薬と配給は全て失われてしまいます。

ただし作戦終了やリトライをする前に予め自軍の司令部や飛行場から部隊を撤退させた場合はその部隊の手持ちの弾薬と配給は失われません。

ですが作戦中は必ず1部隊はマップ上に残さないといけない決まりになっています。
(全ての部隊をマップから撤退させた状態でリトライや作戦終了はできません)

なので戦闘用部隊が目当ての敵を倒し終えたけど手持ちの弾薬と配給がそこそこ残っていてロストさせるのが勿体ない。
そんな時にダミー部隊がいれば戦闘用部隊を司令部や飛行場から撤退させて残った資源を温存させるといったことができるんですね。


以上、ダミー部隊についてざっくり解説でした!

この記事を書いた人

ドルフロやってます!の管理人

どこかの指揮官をフォローする
初心者向け
この記事をシェアする
どこかの指揮官をフォローする
ドルフロやってます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました